ドーパミンドリブンの経済で根本的に崩壊し始めた資本主義  

 

最近の資本主義はいかに人間の脳をハックしてドーパミンを出させるかの勝負になっている。資本主義の強力な競争原理で快楽物質の放出を目的にしているから、方法は何であれ最も快楽物質を効率的に出させるようなサービスが結果的に生き残ってしまう。

そしてまさにネズミがドーパミン放出ボタンを一生押し続けてしまうように、そんなサービスに熱中して人間の一日もそれで終わってしまう。

 

Youtubeでエンターテインメントを消費して一日が終わる、ビデオゲームをして一日が終わる、インターネットポルノをつい見てしまう、そして気づけばTwitterを覗いている。

勉強すべき人達、生産的であるべき人達がこのトラップに引っかかって少なくともしばらくは有意義な活動ができなくなってしまう。

これは社会悪以外の何物でもない。

 

一方でドーパミンを正しく使うこともできる。

読書を気持ちいいと感じれば読書を継続し、教養を得ることができる。スポーツを心地よいと感じれば体を良いコンディションを保つことができる。現代において莫大な利益を出している一部の企業は有用に使われるべきだった快楽物質の機能を悪用し、人を広告閲覧ボットにして資金を集めているように見える。

 

ここから得られる教訓が二つある。

一つにはドーパミンデトックスがやはり現代社会を生産的に生き抜くにおいて重要な手段の一つであるということ。

そしてもう一つ、人を堕落させるのではなく、人を自ら自分を幸せにできるようにするような、そんなドーパミンの有効な使い方を模索するのが今後のビジネスになっていくのではないだろうか。

例えばYoutubeのチャンネルでKurzgesagtというものがあるが、このチャンネルの動画は科学の勉強にワクワクをもたらしている。子供から大人に至るまで科学を勉強する入口になっている、もしくは教養を深めることができるようになっている。ゲーム感覚で勉強ができるようなものやエンターテインメントと教育を融合させたような動画コンテンツなどは今後ドーパミンドリブン資本主義経済への反対の広まりから成長産業になる可能性がある。

 

                                          2021年7月15日 Lulutaso総合研究所 主席研究員 Hasetaso

あほみたいに勉強しないと凡人になる。

気付けばいい年になってきてしまった。

18歳からはそこそこ勉強してきたが、もっと前から勉強に目覚めてる人々との差は縮まらないというのか。若年層の吸収力は早すぎてどんどん成長する。同年代で不断の努力を続けてきた人たちには日々差をつけられる。ダブルパンチで相対的に平凡に近づいていく。

しかしそれでも彼らに追いつく努力を継続するため、食事、睡眠、運動の三本柱で優位性を稼いでいきたいと思う。

 

以下 座右の銘です。「地の塩、世の光」

マタイによる福音書 5章13-16節 

13 あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。もはや、なんの役にも立たず、ただ外に捨てられて、人々にふみつけられるだけである。
14 あなたがたは、世の光である。山の上にある町は隠れることができない。
15 また、あかりをつけて、それを枡の下におく者はいない。むしろ燭台の上において、家の中のすべてのものを照させるのである。
16 そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かし、そして、人々があなたがたのよいおこないを見て、天にいますあなたがたの父をあがめるようにしなさい。

 

 

やっときた統計学の時代

統計学が業務で必要なのと、大学院に行く可能性を残しておきたいので勉強を始めました。

まずは統計検定準一級を目指します。

公務員試験対策とE資格の勉強のおかげで数学はできるようになってきた。とは言え数学的素養が微妙すぎるので逐一必要な部分を復習しつつ進める。参考書が難しくて1日数ページ進むのがやっとだが他の専門書を参考にしつつ1カ年計画で継続していきたい。

 

仕事の方はまずまず順調で勉強時間をある程度確保できるのが大きい。会社で受注できる仕事がなくなって3月から他の会社のアプリ開発プロジェクトのアンドロイド版の担当を立ち上げからリリースまでほぼ一人でやっていて疲弊することが多かったが終わってみると良い経験になった。6月あたりからはまた自分の会社で画像処理と機械学習の仕事をやらせてもらえるみたい。

 

将来的には統計学、経済学と機械学習で作る金融商品取引botを本業にしてプログラミングと投資判断(本人)及び投資を副業にしていきたい。大学合格したいとか英語ペラペラになりたいとか夢を大きく持ってそれに追いつく人生だった。今回も頼む

持ち株減らそうか

現状の金融市場はバブルに見える。バブルは例外なくはじける。でももし今の株価はバブルではなくインフレーションの結果だとしたら? 株の価値は実質的に下がっているが法定通貨の価値がもっと早く下がっているから株価が名目であがっているように見えている可能性がある。

しかしどちらのシナリオにおいても株を買うことはあまり優れた選択肢ではないように思える。

もしこれがバブルだったらはじけるのを数年かかってでも待つ必要がある。ここで儲けようとすると、リーマンブラザーズ他米国大手銀行でも2008年あたりでそうなったように大ダメージを負う可能性がある。

一方でこれがインフレーションの兆しであるならば株なんて買っている場合ではなくて、法定通貨空売りするか金などの資産を先立って買っておくべきである。

ちなみに法定通貨空売りとはつまり借金をすることである。資金を借りて不動産を買うとか、奨学金で高等教育機関に進学するなども考えられる。

 

有限な地下エネルギーに依存する人間の生活に違和感を感じて持続可能エネルギー関連株を買いあさっていたけど金融市場が不穏だから少し減らそうと思う。

 

普通のことをしていたら平凡から抜け出せないなと常々思う。

少しでも社会貢献できるように勉強を続けていきたい。

素人でも株買って儲けてOK! 

お金を使うことは投票である、良いものに票を入れ、悪いものには投票するべきではない。

さて、たとえ素人で無知だろうがETFを爆買いして日銀パワー、もしくは欧州中央銀行パワーでお金儲けをしても理論上は社会的な意義がある。ずっと保有しているのであれば素人だろうが熟練投資家だろうが投資行動は同じだから気おくれしたり引け目を感じたりする必要はない。

お金を *急に最高(Instant gratification)を楽しむためだけや人を堕落させるものに使い果たしてしまうより、それを我慢して自分が良いと思う株を買うのは今まで金融市場に参加してこなかった人であろうと立派であり、社会貢献である。ただ勉強不足だと恐慌後の市場は予測が難しくなるから儲けた金は全部吐き出すことになる可能性は高い。

 

 

*Instant gratificationとはすぐに得られる満足のことで、ファストフード、飲酒、喫煙、自慰行為、低俗なエンターテイメントの視聴などが挙げられる。急に最高という翻訳は日本語ができるノルウェー人の友人が考案したものでとても気に入っているのでこれを正式な日本語訳にしたい。 

反対の言葉は Delayed gratificationで、後で最高って感じ。今我慢して後で満足を得ること。 健康的な食生活、勉学、投資、運動などが挙げられる。 

E資格 妙な難易度

E資格合格した。

応用数学機械学習の専門知識からプログラミングでの実装方法までを問う試験であった。8か月間でちょくちょく時間を見つけてやりつつ最後の1,2か月でラストスパートをかけた。結果的にだいたい100~200時間(覚えてない)くらいの勉強で受験者平均点より少し上くらいの点数を得点した。受験者の8割が合格するので受験者の平均点くらいを得点すれば合格できる。難易度としては一概には言えず、表面上は8割合格で簡単そうではあるものの、受験者層は高い受講料と受験料を払うような本気のやつらなので得体が知れない。自分の場合は受講料20万と受験料33000円を会社に負担してもらったので運がよかった。試験問題は率直にエグイ難しさだったがほぼすべて4択問題で合格正解率閾値がだいたい60%である。すなわち 問題の半分(50%)を実力で正解しさえすれば後は期待値的に12.5%が加算される計算なので合格は試験問題の半分だけを実力で正解すればいいことになる。

また、ある程度勉強すれば明らかに間違っている選択肢を除外できるので実力で正解できなかった問題群の得点期待値を上昇させることができる。8割9割の正解が求められ、わからなかった問題に関する確率による点数加算に頼ってもあまり意味がない大学受験と比べてこの試験は理論上は難しい試験ではないことがわかる。また、この結論は自分の所感とある程度一致する。正直試験中、ちんぷんかんぷんな問題も散見されたが、その場合にも論外な選択肢は除外した上で確率論に頼ったのでそこそこの正解率という結果になったのだと思う。一般的には難しく、本気の人にとっては簡単な試験であると感じたし、理論的にもそうなのだろう。

 

 

一律給付金って意味ある?

結論から言って一律給付金はやるべきだと思う。

しかし給付金10万円を貧困層を含む全員に渡して使ってもらっても結局回りまわって収益力のある企業に蓄積されるだけで最終的にはあまり意味がないように思える。ただ、その蓄積の過程で色々の人が給付金を使って取引をするからそう考えると経済にとってはいいかもしれない。儲かっている企業への増税とセットでやると良いんじゃないかと思う。単純に日銀がプリンターで刷った金が財源だから税収として戻ってきてもどうするんだって感じだが。また一方で、10万円を金の使い方をろくにわかっていない人たちに渡して果たして効率性の観点からそれは意味があるのかという疑問がある。ピケティ様はたしか経済の底上げは経済全体によって良いと言っていた気がするので一律給付金にはそういう理論的支持があるが瞬間的10万円給付が果たしてその役目を果たすために十分な金額なのかはやや疑問である。

一方で10万円をもらったことで一定の人々が生き残るのであればその価値は大いにあると思うが、そういうのはもうすでに緊急小口資金貸付(実質給付)と生活保護でやってるし、コロナ関係の支援金がこれだけ広報されててもわからないならそれはさすがに自己責任だと思う。

最後に、資金1.2億×10万円は資本主義的に考えて全員に配布するよりもっと効率的な使い方ができるかもしれないのは確かである。しかしアメリカではそのような論点や諸々を高官や学者が議論し尽くした結果実行に踏み切ったというのは無視できない事実である。資本主義の本質的で根源的な効率性の観点からは不安が残るものの、上記すべてのことを勘案して日本もアメリカの決定に追従して給付金を出すべきだと思う。