遺言について

前々回の記事で日経平均空売りが良いとしましたが、実際には日経平均は台風直撃のあとも堅調で、過去最高値を更新する勢いです。一方で根底にある問題は何も変わっていません。膨らむ債務問題はリーマンショック前と同水準かそれ以上であり、これは堅調な間はいいですが経済が下向く、もしくは金融危機が起きたときの衝撃がとてつもないものになることを意味しています。また、金融崩壊前にバブルになることは常なので、現在の好況(金融市場だけの好況に思える)がバブルである可能性においても目を光らせておく必要があります。また、現状の株価上昇は各国中央銀行主導であるという性質が強く、投資家は冷ややかな目で見ているか、その波に乗っているだけというような状況が作り出されつつあるように思えます。とにかく、現在は中央銀行の政策によって実体経済が上向いてくるか、もしくはその政策が迫る金融危機を先延ばしにし、将来の危機をより凄惨なものにしているだけであるかのどちらかであり重要な局面であると思います。結局先のことはわかりません。