論理と理性の力はbullshit

この一週間思ったことがある。それは人が誰でも論理と理性の力を使えば完璧に近い事ができるということ。また、私が理性使いと呼ぶ文字通り理性が使える人達は考えが似てくるという特徴を観察済みである。これは小さなスケールでも大きなスケールでも言えることで、結局真理は一つしかないという言葉に帰結する。一方で真理は存在しないとする立場も確かにあり、一部の人間の思考が似てくるのは、単に同じ人間だから似ている思考になってしまっているに過ぎない。

個人的には、数学や論理の力を使って、正しいことに到達することはよくあることであり。同じ方法を使えば同じ結論に至るのはおかしいことではないし、多くの場合それはいい結果をもたらす。

 

脳を酷使すると頭痛ではなく脳痛になる。話しかけられるとキンキンする。難しい話をされると脳が痛む、複雑な情報を見ると頭の中身が熱くなる。危険な症状でしょうか。コロナかな

 

今回疲れすぎてブログの可読性は考慮されていない