ランダム生成ブログ

マタイによる福音書77節から12

7「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。8だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。9      あなたがたのだれが、パンを欲しがる自分の子供に、石を与えるだろうか。10魚を欲しがるのに、蛇を与えるだろうか。11このように、あなたがたは悪い者でありながらも、自分の子供には良い物を与えることを知っている。まして、あなたがたの天の父は、求める者に良い物をくださるにちがいない。12だから、人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい。これこそ律法と預言者である。」

最近カラマーゾフの兄弟を読んでいます、最高です。

本を読むことからしばらく離れていると、思考がどんどん真理というものからかけ離れてゆき、何年も続くとしまいには凝り固まった考え方ができる。

思考は本を読むことによって定期的にチューニングしなければならないと断言できる。

ところで、冒頭で書いた聖書の箇所は真理である。

仕事で忙殺されており説明するのが面倒くさい。

ここで例文を使った英語のレッスンをします。

真理とはself-explanatory(自己説明的=自明)である。