資本主義の終焉2

ところで、経済の目的とは、資源の最適な配分に尽きる。貨幣がないときは、価値を持っていて魚を食べたい人と、魚を持っている人があまりマッチングされず、魚が腐るということが起きた。貨幣が登場すると、自分が好き勝手に社会貢献するだけで食事をとることができるようになった。貢献度の高い人に貨幣が集まり、その人はもっと貢献できるようになった。過去には、社会貢献ができないものは飢えて淘汰されることもあった。しかし時がたつと、社会貢献できないものの中にはやる気があり、かつ力がないために貢献ができないものがいることがわかった。彼らに社会の力を分け与えて、戦力に加えることができることを知った。現代では、社会はどんどん強靭になり、何もしない人にも食事を分け与えることができるようになった。

 

さて、資本主義は転換点を迎えていると思う。

現在の資本主義には二つの未来があるように見える。

一つには、持続可能で自動化された社会を実現する組織に金が集まり最終的にそれが達成される。人々は必ず働かなくてはならないということがなくなり、資本主義はその目的を達成する。

二つ目はそのような理想論は実際には実現されず、上記目標を達成する前に地球の環境が枯渇または荒廃する。

 

地球の環境は俺らが生きているうちは核戦争が起こらない限り大丈夫そうだからこれから資本主義社会で生き抜くためには一つ目の達成に貢献するような仕事や役割をこなしていく必要があると考えられる。

 

ここから導き出される推奨される役割:

人が働かなくてもよくなる仕組み作り

    自動化(プログラム or robotics)

        農業自動化

   工業自動化

        医療自動化

地球環境を維持する仕組み作り

 効率化

          無駄なエネルギー(地下由来)消費をなくす

          持続可能エネルギー生産の効率化

現状維持

  物流

他、資本主義の達成目標から推論できる役割全部