セット思考、国の借金

電気自動車は日々進歩しているが、化石燃料を燃やして発電しているのではあまり意味がない。太陽とそれに付随する風などを利用した持続可能なエネルギー及びそれまでの繋ぎである原子力発電に力を注がなければならない。EVと太陽エネルギーの活用はセットである。

同様にベーシックインカムは数年前にはとんでも理論として揶揄されていたが、自動化を考えると非現実的な話ではなくなる、ロボットに働かせてその生産力に応じて人間は好き勝手にしていれば良い。故にベーシックインカムと自動化はセットだった。

 

人間が労働から解放され持続可能なエネルギーを消費して過ごす結末をユートピアとして目指すなら、国債を発行しまくってそれを達成するための関連分野に投資しまくればいい。

国の借金が増えてもその資金が有効に活用されるならばなんの問題もない。 

プライマリーバランスを悪化させたくないというのは効率的に資金を使えるようなビジョンが何も無いことの裏返しに思える。