頂点を目指す

 

貧困層出身の人生難易度は高い。統計を見れば明らかである。

このスタート地点で平均程度の行動しかしなければ、データ通り貧困の再生産が起こるだけである。一方で、優位性のある行動を継続していけば、あるいはこの宿命的な帰結もしくは収束から抜け出すことができるかもしれない。ここで言う優位性のある行動とは、平均的な行動でない、かつ、現代社会の中で自分を有利にさせるような行動である。

幸いにも、私は幼少期と18歳以降にこの優位性を持つ外れ値的な要素を獲得した可能性がある。幼少期は母の健診的かつ自己犠牲的な情操教育を受けていた。この成果はその後数年に渡ってほぼ何も表層的には現れなかった、むしろ自由闊達な価値観によって学校を辞めてしまった。18歳以降は学業という武器を手に入れた、一般的には勉学に力を入れる層が比較的少ないと考えるとこれも優位性のある行動だったと言える。しかし今回の本題はここではない、これからどうやって優位性を稼いでいくかということである。現在の取り組みは以下である。

・標語:24時間働く(経験が詰める業務+勉強)

・健康的な食事

・投資行動&勉強(2017~)

・エンターテインメントのカット

・節制

一つひとつは正の方向性に働くものではあるが、平均的な行動から+2σ(±でない)以上外れているような外れ値的な行動とまでは言えない。これを数十年単位で続けることでやっと優位性が生まれるようなものである。

努力を重ねてすごい人はいくらでもいる、しかしそんな人たちだって名を残すことはなかなかに難しい。俺はElon muskのようなレベルに到達したい。

これからは人間を捨てたいと思う。誰も創造できない域まで自分を高める。燃えるような気合でプラズマ化する。

まずは横浜一、次に日本一、最後に世界一。